最後の走りはこのTシャツ着ようと思った





スタート前でも呼び戻しできたこと

コース走ってるときの「やったー」って表情

2年ぶりのマウンテンでわかった体力の衰え

完全な遠隔とまではいかないけれど、コマンドなんかもう必要ない走り

そして・・・エクを始めるキッカケを与えてくれたちこ&うき家さんと、一緒に会場回ってくれたCocoa&Latte家さん

いままでの5年間は全部確認できた。
トンネルの出口で「ここで辞めような」って全力でゴールまでダッシュできました













先輩がたから引き継いだもの、次の世代に引き継げたんじゃないかと




いつまでも魅力的なジャックの会であり、エクストリームの大会も盛り上がるように、これから全国出場選手としての自覚を持ってみんなを牽引しってってほしい



ケガから復活したら、、、と約束してたあっくんとの記念撮影

DGのみなさん、石崎さんはじめエムズで一緒に練習してくれた方たち、エクの実行委員会、プールでトレーニングしてくれた先生にも感謝しながら、納得して終われました。






オレの自慢のチャンティー・・・お疲れさん!
そして

最高の思い出をありがとうございました
スポンサーサイト

朝からすっげー雨と風だし


ヤベし、直撃じゃん!


会社たどり着けなかったらどうしようと思いながらも家を出ると

えっ?まさかの晴れ??

今回もたいした被害がなくて良かったです。




若い頃は、こんな日だと会社休んで知多や四日市のポイントまでよく走ったっけ・・・
パトカー回ってきて「危ないから海から上がれ~~」なんて拡声器で叫ばれたりしたこともあったな(笑)
当時は、別に遊泳禁止になってないじゃんか!危ないかどうかなんて人それぞれなんだよ!!ってくらいにしか考えられなかったけど。

サーファーと呼ばれる人種には、大きく分けると3種類あると思う。
・大会に出ながら切磋琢磨して、結果を基準に上達を目指すコンペティタータイプ
・競技で争うことには興味がなく、もっと広い分野の中で自分のスタイルを追求していくソウルサーファータイプ
・波乗りっていいよね~ってだけの陸サーファータイプ

この3パターンにどれも正解はないと思うけど、どれも間違ってないとも思う。
肝心なのは、自分が大事だと思ったことや、それにまつわる場所だったり人なんかを、大事に真剣に考えて行動できてるか・・・ってことであって、なんかポリシーがあってその結果だとしたらすべて正解!!じゃないかな。
時には争うことやまわりからの視線に悩んだりすることがあったとしても、胸を張ってればいいと思う。

法を犯してる訳じゃなければ、自分のポリシーが物差しなんだから。







やっぱり今年でエクの大会出るの最後にします。
チャンティーの具合が悪いわけじゃないんですが・・・

自分は小さいころから競技をしながら育ってきました。
勝つよろこびや負ける悔しさは自分を作ってきた源の1つ。
その中で、一生懸命勝たなければ一生懸命負けた人に対して失礼だと思う経験もしてきました。
だから大会に出ると決めたら、練習から全力でいきます。
そこはブレたくない。


ただ、エクの場合は犬のスピード勝負。
ハードワークになるので、やり過ぎると体を壊してしまう。
楽しんでやってたからといって、根底は自分の都合で限界まで走らせてたから言い訳はしない。
チャンティーがソウルタイプだってことも、始めた頃からわかってたし・・・








せっかくOKが出たのですが・・・
この先再発の可能性がある以上、楽しく走るだけならDGで十分!!
これが最後に出した答え。









いままでよく指示を聞いて走ってくれたよな。
デビューの御前崎と初の西武以外は全部クリーンランだもんな。
でも、あ~しろこ~しろ言うのはもうやめるで、日曜はいい顔して走れよ?
ご褒美目指してのんびり楽しくでもいいし、カッとんで全国決めてもいい。
大会最後の場所も自分で選びな。

今度はおまえに着いてくよ。


しっかり見とくぞ!!
すべてを楽しい思い出にブラッシュアップしてから終わりにしよう。

ぎんじくんにちょっとヒヤッとしたけど、何事もなく無事に終了!

お疲れさまでした。


人間もお疲れってことで(笑)恒例の打ち上げ!


おいしい日本酒にやられて二次会までたどり着けなかったけど

いい思い出がつくれました。



朝一の散歩も済んだので





さぁさぁ運転頑張るぞー